July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 『ブレア時代のイギリス』−イギリスの労働党と日本の民主党 | Main | フランスのCPEと日本の解雇ルール »

January 29, 2006

靖国問題と憲法9条

 前回の記事「『ブレア時代のイギリス』−イギリスの労働党と日本の民主党」は、最後の方で靖国問題に少しふれることになった。私は靖国問題については詳しくないので、あまりふれたくなかったのだが、大阪高裁で違憲判決が出ているとおり、私は首相の靖国参拝は憲法違反であると思っている。

 小泉首相が1月25日の参院代表質問で、「アジア諸国において、中国、韓国以外に参拝を批判する国はない」と述べたことは、中国と韓国に対するむき出しの敵意であるだけでなく、戦争中、大東亜共栄圏に入ったすべての国々の国民を敵に回す発言であるといってよい。国として公式に批判していなくても、首相の靖国参拝を苦々しく思う人が東アジアにたくさんいることは、シンガポールのリー・シェンロン首相の発言をみるだけでも容易に想像できる。

参院代表質問 靖国参拝で中韓の対応に改めて疑念 首相(毎日新聞・ヤフー)
東南アジアでも反発と懸念 小泉首相の靖国参拝(共同通信・ヤフー)

 論理を無視した小泉首相の発言に対しては、難しいことを書くより、誰にでもわかるような安易な言葉で訴えたほうがよい。小泉首相によると靖国参拝を批判していないはずの台湾に国籍を持つ、日本在住のエロテロリスト、インリンさんはこう訴える。

アジアの安眠(インリン・オブ・ジョイトイの日記)

ところで・・・・、小泉首相は「二度と戦争を起こしてはいけない!」って日本が侵略戦争を起こしたこと認めて反省してるんですね!エライ!エライ!
ならもう一歩素直になって、アジアの犠牲者もいろんな宗教の人も宗教嫌いな人も傷つかないように追悼して下さい。
あなたは個人じゃなく日本の代表なんですから一つの宗教にこだわるのはおかしいです。
日本の憲法にも違反してます。
しかも、靖国神社は、国民を洗脳してアジア侵略の加害者にした軍国主義の宗教で、今でもあの侵略戦争を美化して正当化してるんですよ!
そこで祈るなんてのは、中国・台湾・韓国・朝鮮・沖縄・ベトナム等のアジアの被害者だけではなく、日本の為だと洗脳されて死んだ日本人や植民地の人達にも失礼です。
今、日本人でも正常な人は怒ってます。
侵略されたアジアの人達が怒るのは当然です。
あなたはいつもアメリカの言いなりになってるくせに、アジアの人達の当たり前な気持は無視なんて、かなりおかしいと思う。
「二度と戦争を起こしてはいけない!」って思うなら、矛盾した偏った宗教でじゃなくて、出来るだけ多くのみんなが共感出来る施設で、平和な未来をめざす誓いをして下さいよ。

 小泉首相の靖国参拝は日本国憲法20条と89条に違反しているが、憲法違反を軽視する首相を党首とする自民党が、憲法改正を企てているのは憲法をもてあそんでいるとしか思えない。

 私は自衛隊も日米安保も容認しているし、PKOのような軍事的国際貢献も有りだと思っているが、憲法9条改正には反対である。

 なぜなら、現時点で自衛隊、日米安保、PKOともに解釈改憲で問題なく運用しているからである。今、9条改憲するということは、決して自衛隊を憲法で容認するといったレベルではなく、日本の自衛隊が集団的自衛権を自由自在に行使しながら、米軍とともに世界的に派兵できるようになることが目的だろう。

 要は、米軍の手足となって対テロ永久戦争に荷担し、それによる軍事大国化が進むことになる。さらに、米軍と離れて、日本単独の軍事行動という誘惑が高まってきたとき、日本の軍国主義化という可能性が捨てきれない。自民党タカ派の政治家はそこまで視野に入れていると私はみている。自衛隊の存在を明文化するためだけに憲法改正することなどありえないと考えるべきだ。

 自衛隊を憲法で正式に位置づけよう、プライバシー権や環境権を憲法に書き込もう、といった甘い言葉にだまされてはならない。

 「9条守ろう! ブロガーズ・リンク」に賛同します。
(インリンさんも賛同しています)

9条守ろう! ブロガーズ・リンク

« 『ブレア時代のイギリス』−イギリスの労働党と日本の民主党 | Main | フランスのCPEと日本の解雇ルール »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31910/8393888

Listed below are links to weblogs that reference 靖国問題と憲法9条:

» 「ストップ! 女性への暴力 国際刑事裁判所アクション」&「9条守ろう! ブロガーズ・リンク」 [ICCで「人間の安全保障」]
2006.1.12.00:50ころ 1) アムネスティの「ストップ! 女性への暴 [Read More]

» Keep9「9条守ろう!ブロガーズ・リンク」Never Change Article9 [Jandy's Blog]
1/10(火)「Keep9 9条守ろう!ブロガーズ・リンク Never Change Article9」に賛同表明した。 日本国憲法 第2章―戦争の放棄 第9条  『日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。』 戦争放棄と戦力を持た�... [Read More]

» 真心が人を動かす「単騎、千里を走る。」 [再出発日記]
監督 :チャン・イーモウ日本編監督:降旗康男出演:高倉健リー・ジャーミンジャン・ウェンチュー・リンヤン・ジェンボーいい作品だった。思いのあふれる作品だった。私はこの映画に出てくる、『真心』を全て信じることが出来る。日本人の『真心』も中国人の『真心』も。...... [Read More]

» 俺様クーデター宣言-自民党改憲草案 [そぞろ日記]
「俺様によるクーデター宣言」自民党改憲草案を読む 一、 自民党結党50年の総まと [Read More]

» 外交、平和、憲法 [熱血!!☆ダッシュマン☆鈴木孝明の日々]
JANJANで市民記者として記事を時々投稿してます鈴木孝明と申します。憲法、外交、平和の私なりの記事を載せました。トラックバック宜しく御願いいたします。 [Read More]

« 『ブレア時代のイギリス』−イギリスの労働党と日本の民主党 | Main | フランスのCPEと日本の解雇ルール »