July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 改憲への大きな一歩―2005年総選挙を振り返る | Main | カルト宗教のような新自由主義 »

September 23, 2005

民意を歪めてまで安定政権をつくるのか

 9月18日、ドイツで行われた総選挙は、第1党と第2党が3議席差になる大接戦となった。ドイツの選挙制度は小選挙区比例代表併用制で、日本の小選挙区比例代表並立制と名前が似ているが、全く違う制度である。ドイツの併用制は比例代表の得票率でまず各党に議席配分するので、小選挙区中心の日本の並立制とは違い、比例代表中心の制度といえる。

<参考>ドイツの政党
・キリスト教民主・社会同盟(CDU/CSU)
保守。選挙前の野党。メルケルCDU党首。シュトイバーCSU党首。シンボルカラーは黒。
・社会民主党(SPD)
左派。選挙前の与党。シュレーダー首相。ミュンテフェリング党首。シンボルカラーは赤。
・自由民主党(FDP)
中道。自由主義。選挙前の野党。ヴェスターヴェレ党首。シンボルカラーは黄。
・左派党 
民主社会党(東ドイツの旧共産党)とSPDの離党組が合流。シンボルカラーは赤。
・緑の党
環境政党。選挙前の与党。フィッシャー外相。ビュトコーファーとベーアの二人党首。シンボルカラーは緑。

<表(枠なし)>2005年総選挙の日独比較(数字は左から相対得票率、議席数、議席率)
・ドイツ
CDU/CSU 35.2% 225 36.7% 
SPD     34.3% 222 36.2%
FDP      9.8%  61 9.95%
左派党    8.7%  54 8.81%
緑の党    8.1%  51 8.32%

・日本
自民党   38.18% 296  61.67%
民主党   31.02% 113  23.54%
公明党   13.25%  31  6.46%
共産党    7.25%  9   1.88%
社民党    5.49%  7   1.46%

 上の結果(現時点でドイツの全議席数は決まっていない)を見てわかるように、ドイツの併用制では、得票率と議席率の差がほとんどない、民意を正確に反映した選挙制度といえる。

 今回、大接戦となったことで、各党の連立交渉が難航しているが、現在取りざたされている連立の組み合わせとして有力なものから並べると次のようになる。
1 CDU/CSUとSPDの「大連立」
2 CDU/CSUとFDPに緑の党が加わる「ジャマイカ(黒・黄・緑)」
3 SPDと緑の党の現政権にFDPが加わる「信号機(赤・黄・緑)」
4 SPDと緑の党の現政権に左派党が加わる「赤・赤・緑」

 ドイツの大連立は、議会内で圧倒的な多数派が形成されるため、危険な連立政権といえるが、1966年のキージンガー連立政権では、政権担当能力が未知数とみられていたSPDが与党入りすることによって、政権担当能力を磨くことができ、SPD主導の連立政権に道を開いたともいわれる。
 日本でも、前原氏が民主党代表に就任したことで、自民・民主大連立の可能性がある。ドイツとは違って、日本では憲法改正という重大な政治テーマがあるため、大連立は改憲に道を開く、まさしく危険な連立政権となるだろう。

 ドイツの併用制を、安定政権にならずに混乱状態を招く悪い制度という指摘もあるようだが、民意を歪めてつくる安定政権とは一体何なのか。民意を正確に反映させない選挙など、選挙といえるのだろうか。単純小選挙区制のような、極端に民意を歪める制度は、少なくとも日本国憲法に違反しているだろう。
 議院内閣制で単純小選挙区制を使用しているのはイギリスとカナダだけであるし、小選挙区制主体の並立制もイタリアだけで、少数派である。ヨーロッパの多くの国は比例代表中心の選挙制度であり、比例代表中心でもドイツの併用制のように、小選挙区制をとりいれて、顔の見える選挙にする方法もある。
 比例代表制に対する批判の多くは的はずれで、間違った俗説に過ぎない。

 なお、ニュージーランドでは、1996年、小選挙区制からドイツと同じ併用制に変更した。先日行われたニュージーランド総選挙では、ドイツと同じように大接戦となった。ニュージーランドは、90年代に新自由主義的な構造改革の結果、その歪みが明らかとなり、1999年に成立したクラーク労働党政権が、行き過ぎた構造改革に対して国有化等の修正を行った経緯がある。このようにニュージーランドは、選挙制度だけでなく、構造改革に関しても参考になる国なので、ニュージーランドに関しては、また別の機会に取り上げたいのだが、日本語による情報が少ないのが難点である。

<参考>ドイツ(西)の戦後連立内閣
1949 アデナウアー内閣    (CDU/CSU+FDP+ドイツ党)
1957 第3次アデナウアー内閣(CDU/CSU+ドイツ党)
1961 第4次アデナウアー内閣(CDU/CSU+FDP)
1963 エアハルト内閣     (CDU/CSU+FDP)
1966 キージンガー内閣    (CDU/CSU+SPD)(大連立)
1969 ブラント内閣        (SPD+FDP)
1974 シュミット内閣       (SPD+FDP)
1982 コール内閣         (CDU/CSU+FDP)
1998 シュレーダー内閣     (SPD+緑の党)

参考BLOG等
日本とドイツの選挙制度の違いを考える(toxandriaの日記)
「概説:現在ドイツの政治」(1)(大阪市立大学)
ジェトロ ドイツ
最近のニュージーランド情勢と日本との関係(外務省)
主要先進国の政治制度(バックナンバー) 

« 改憲への大きな一歩―2005年総選挙を振り返る | Main | カルト宗教のような新自由主義 »

Comments

今日発売の『世界』に「ブログ時評34」が掲載されていましたね。
http://dando.exblog.jp/d2005-09-25
選挙結果の詳細な分析、敬服です。

 tamyさん、こんにちは。
 「ブログ時評」さんに取り上げられたことはトラックバックで知っていましたが、『世界』に掲載されたことは気づきませんでした。教えて頂いてありがとうございます。あくまでも個人的な趣味でやっているブログですが、『世界』に掲載されたことは光栄に思っています。
 早速、近所の本屋に『世界』を買いに行きましたが、他の論壇雑誌に比べると冊数を置いていないみたいで、少し残念でした。『世界』は長いこと読んでいませんでしたが、外務省の佐藤氏の連載など面白そうな読み物が多いので、久しぶりにじっくり読んでみようと思います。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31910/6078983

Listed below are links to weblogs that reference 民意を歪めてまで安定政権をつくるのか:

» [暴政]「国家理念」及び「温かさと緻密さの眼差し」が欠落する小泉劇場政治 [toxandriaの日記]
[「政治の役割」の逆回転を思わせる二つの場面]   ほぼ時期を同じくして、ドイツの総選挙に関する貴重な情報を入手し、一方で、高齢者福祉についてあまり嬉しくない体験をしました。前者は筆者のブログに対する「無用の人」様からのコメントで教えて頂いたものです。また、後者はたまたま自分の高齢の親を老人福祉関連施設へ入所させるためのプロセス(手続き・相談・交渉)で体験したものです(残念ながら、未だ入所までは漕ぎ着けていませんが・・・)。これらの内容を下にまとめてみます。 (前者=ドイツでの一場面/ドイツ総... [Read More]

» 砂上の楼閣(“衆院で3分の2”について) [かわうそ実記]
さて、前回の記事でふれた小泉自民党の「圧勝」なわけですが、果たして「あっ、しょう [Read More]

» ドイツ総選挙と比べながら考えた [ブログ時評34] [ブログ時評]
 日本の総選挙に続いて投開票されたドイツ総選挙は野党のキリスト教民主・社会同盟が予想外に伸びず得票率35.2%で225議席を獲得、与党社会民主党の34.3%、222議席に3議席差を付けただけの接戦になった。選挙前に想定していた「キ同盟+自由民主党」「社民党+90年連合・緑の党」いずれの連立の組み合わせでも政権が出来ず、候補者死亡で10月2日に残したドレスデン選挙区の成り行きを見ながら、二大政党大連立を含め駆け引きが続いている。  日本と同様に「改革」がテーマでありながら、日本の自民党の大勝利と... [Read More]

» 民主154議席、公明64議席!?ードイツ連邦議会選挙方式で試算してみました。 [大欲は無欲に似たり]
 懲りずに選挙結果分析。小選挙区で自民党は、47%の得票で73%の議席を獲得した [Read More]

» 「つくる会」の錯誤を批判する [bogusnews]
<轢死研究家・家泳三郎氏寄稿> 2日、都内で「新しい轢死教科書をつくる会」主催のシンポジウムが開催された。筆者も末席にて拝聴する拒を得ることができた。冒頭では例によって西尾幹二氏による基調講演が行われたのだが、その中で衝撃的な事実が明らかにされた。つくる会..... [Read More]

« 改憲への大きな一歩―2005年総選挙を振り返る | Main | カルト宗教のような新自由主義 »