July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 小泉構造改革=新自由主義とは何か | Main | 改憲への大きな一歩―2005年総選挙を振り返る »

September 12, 2005

自公で3分の2の議席確保ー平和国家の放棄へ

 前の記事(「小泉構造改革=新自由主義とは何か」)は選挙終了後にアップしたものだが、書いたのはまだ結果が出ていない選挙中だったので、選挙結果を予想して書いたため、結果とズレがあった。「小泉自民党の圧勝」というのは自公で3分の2を取ることでは決してなかったのである。

 11日、NHKラジオを聞いていると、20時を過ぎた時点で突然、「自民党、300議席を超えることがほぼ確実な情勢」とアナウンサーが言っているのを聞いて、大げさではなく本当に、戦慄して体が凍り付いた。ああ、憲法改正が現実化するな、もしかすると、新しい軍国主義が始まるかもしれないな、と。

 憲法改正は両院議員の3分の2以上なので、次の参議院選挙で3分の2以上の議席を確保する必要があるのだが、長年実現することがなかった衆議院で3分の2以上の議席が実現したのは、憲法改正にとって非常に大きな前進と言える。

 福祉国家の放棄を意味する新自由主義の諸政策が行われることはほぼ確実だが、それだけでなく、平和国家の放棄を意味する憲法改正が行われる可能性も非常に高くなってしまった。郵政民営化賛成だけで自民党に投票した人は、新自由主義ばかりでなく憲法改正まで望んだことになりそうだ。郵政民営化はなんとコストの高い選択肢だったのだろう。

« 小泉構造改革=新自由主義とは何か | Main | 改憲への大きな一歩―2005年総選挙を振り返る »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31910/5913206

Listed below are links to weblogs that reference 自公で3分の2の議席確保ー平和国家の放棄へ:

» 今回の選挙結果を更に考える [あれは,あれで良いのかな?]
前回の記事は速報的なものかつかなりアドレナリンがでた状態でしたが,ある程度大勢が判明し若干冷静になってきたため,それを踏まえて少しポジティブな観点から分析したいと思います。 1 牛丼屋選挙VSファミレス選挙 2 浮動票が都市部で自民党に流れた意味 1 ....... [Read More]

« 小泉構造改革=新自由主義とは何か | Main | 改憲への大きな一歩―2005年総選挙を振り返る »