July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 米国がファルージャの病院を閉鎖させる(追記) | Main | トーキョー シティー ヒエラルキーとアンダーグラウンド »

November 21, 2004

僕たちの将来は僕たちがつくる

 Bank Bandのアルバム「沿志奏逢」のレンタル解禁日、レンタルショップに行ってみると、アルバムがたくさん置いてあったので、拍子抜けした。Bank Bandはミスチルの桜井が参加しているので、とても人気があって、当分借りられないだろうと思っていたからだ。ミスチルファンにもほとんど知られていないのか、それとも内容がポップではないからなのか。残念ながら、後者ではないかと思った。
 しかし、極上のアルバムである。曲自体が良いこともあるが、小林武史のピアノアレンジが素晴らしい。
 カバーアルバムなのだが、ミスチルの曲は2曲だけで、すべてにおいてメッセージ性の強い曲が選曲されている。中島みゆきが2曲、井上陽水が1曲、浜田省吾が2もしくは1曲。2もしくは1というのは、最後のシークレットトラックが浜省か吉田拓郎のどちらかが入っているからで、私が聴いたのは浜省の方だった。初め、桜井のオリジナル曲かと思って、やけにいい曲をシークレットトラックにもってくるなと思ったら、後になって浜省の曲だということに気づいて、良いわけだと、とても納得した。

 どの曲も良いのだが、一番印象に残ったのは中島みゆきの「僕たちの将来」。1984年10月発表の曲なので、「暑い国の戦争」というのは、イラン・イラク戦争(1980-88年)、グレナダ侵攻(1983年)、チャド内戦(1983年)などがあるが、私は「青の濃すぎる」からU2を連想して、米国によるグレナダ侵攻ではないかと思った。
 「僕たちの将来は良くなってゆく筈だね」と歌っているのだが、どう聴いても良くなってゆくとは思えない曲調で、聴けば聴くほど暗くなっていくのは、いかにも中島みゆきという感じなのだが(ファンの方、ごめんなさい)、良くなるか悪くなるか、ポジティブであるかネガティブであるかを抜きにして、「僕たちの将来」を歌っていることこそが大事なのだろう。

 人生厳しいし、解決するのが難しい社会問題も山積している。楽観できないけど、かといって悲観することもできない。私は、人生だけでなく社会問題も、僕たちの将来は僕たちがつくるという気持ちを持つことが大事なんだろうと思う。僕たち、若者の将来を老人の政治家や財界人に白紙委任できるわけがない。そう思えばこそ、テレビで流れる戦争の映像にも関心が持てるのではないか。一人一人ができることは非常に些細なことでしかない。しかし、関心を持ち続け、わずかでもそれに対してコミットすることができれば、それでいいではないか。

 このCDの収益は、環境問題に取り組む団体に融資しているap bankの維持のために使われるとのことなので、もしセカンドアルバムが出たら、そのときは買おうと思う。

参考
ap bank
沿志奏逢 [LIMITED EDITION]
みゆき様(a struggle for STYLE)
Bank Band「沿志奏逢」にシークレットトラック2種類収録(cozyの果てしないたわごと3)
僕と彼女と週末に(犬総長のぼやき~犬小屋編)

« 米国がファルージャの病院を閉鎖させる(追記) | Main | トーキョー シティー ヒエラルキーとアンダーグラウンド »

Comments

私たち多分大丈夫だよね
と彼女がアラブの戦争の話をしようとするが
彼ははやとちりしてその話をさえぎってしまう
彼にとって、今の生活(切れないステーキ)のほうが今迫りくるかもしれない戦争の話より大事なのだから
これで、彼女と話が出来るのでしょうか・・・
危ない言葉・・・当事者にとって最悪にするであろう言葉
日本が戦争に巻き込まれる、巻き込まれない、賛成、反対・・これも危ない言葉のひとつであろう・・・それをビールで飲み込む
・・・でもそれでよいのでしょうか、問題が解決されるのであろうか・・・僕たちの将来は・・・この言葉に続く言葉に危ない?危なくない?言葉が続くのでしょう
また,読ませていただきます、ありがとうございました

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31910/2020199

Listed below are links to weblogs that reference 僕たちの将来は僕たちがつくる:

» たまには音楽の話でも。 [スプートニクの日記]
この前、Bank Bandの沿志奏逢というCDをレンタルして聴いたんだけど、良かった。(Cityscape Blogさんのところで知りました。)ミスチルの桜井さ... [Read More]

« 米国がファルージャの病院を閉鎖させる(追記) | Main | トーキョー シティー ヒエラルキーとアンダーグラウンド »