October 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 天皇発言で考える象徴天皇制と国民国家 | Main | 米国がファルージャの病院を閉鎖させる(追記) »

November 13, 2004

米国がファルージャの病院を閉鎖させる

『イラク・ファルージャで大規模攻撃が始まったことは世界に 伝えられているが、イラクでのこれまでの死者は2~10万人。 これに対して、 チェチェン戦争の死者は94年以来20~25万人 中央アフリカ・コンゴ内戦の死者は99年以来330万人 スーダン内戦の死者は過去20年間で200万人 ソマリア内戦の死者は少なくとも100万人 リベリア、シェラレオネなど西アフリカでもそれぞれ 20~25万人が殺害されている。

イラク、パレスチナ、そして911以後のアフガニスタンは
戦争のニュースが流れているが、チェチェン、アフリカ諸国は
何万人が殺されようと、一行たりとも伝えられない。

報道が伝えている世界の戦争の実相というのは、例えば、世界で
1000万人が殺されているうち、イラクとパレスチナで殺された
2.5万人についてだけニュースにしているような状態だ。
つまり、1000分の2.5程度しか、実態を伝えていないということだ。
(常岡浩介氏の11月9日の日記より)
ファルージャ -報道って?-(愛のまぜご飯)


 イラクで米国がファルージャ総攻撃を始めた。世界ではイラク以外で、イラク以上に悲惨な事件がいくつも発生している。例えば、ダルフール危機が起きているスーダンでは、過去20年間に200万人の死者が出ているが、イラクのようにマスコミに取り上げられることはほとんどなく、国際的にも注目されないため、問題が解決されることなく、死者の数だけが増えてしまう。このことはジャーナリズムの大きな課題であり、我々ニュースを見る側の者にとっても、常に心に留めておくべきことだろう。
 しかし、そのことがイラク戦争を免罪したり、その罪を軽くすることには決してならない。

 イラクのファルージャ総攻撃では事前に、米軍が民間人に対して避難を呼びかけたことなどから、攻撃による死者は少なくなるだろう。たとえ、ファルージャにいた人すべてが犠牲になったとしても、米軍の推定で多くても6000人(注)に過ぎない。ダルフール問題などに比べれば犠牲者はわずかなものであるし、意義ある戦争であるなら、この程度の犠牲はやむをえないのではないか。

 以上のような感想を持つ人が、米国や日本に多いのだろうと思う。死者の数で判断するといえば、1937年12月の南京大虐殺を思い出す。最近では虐殺そのものがなかったと主張する人がなぜか増えているが、長い間死者の数をめぐって論争が繰り広げられていた。死者の数が数千人なのか数十万人なのか不明だが、私にはこのような論争はほとんど意味がないと思う。なぜなら、死者の数が数千人だったとしても、そのことで虐殺が免罪されるわけではないからである。
 2004年のファルージャも1937年の南京と同様に、都市に対する攻撃である。まさか、南京と比べて、ファルージャを免罪する人はいないと思うが、比べるとすれば、民間人を事前に避難させていること、米軍はおそらく規律が取れていること、犠牲者は多くても6000人であることなどから、少なくとも数千人が犠牲になった南京ほど悲惨なことにはならないのでファルージャ攻撃はやむを得ないということになる。死者数で比べることがいかに馬鹿げていることか。

(注)包囲前の人口30万人のうち2割が残っているという米軍の推定もある。その推定だと、6万人が残っていることになる。

 日本のマスコミでは、やはりファルージャ総攻撃についてはほとんど取り上げず、新潟地震の続報やアラファト死去のニュースばかり、いかにもヒューマニスティックに取り上げていて、私は最近ニュースを見ていて気分が悪くなる。
 今回、ファルージャ総攻撃の大きな問題は二点あると思う。
 第一に、事前に民間人に避難を呼びかけているが、5日から45歳以下の男性は出入りするのを禁止したため、この人たちは避難できなかったこと。

ファルージャ総攻撃、「最終準備に入った」 米司令官(朝日新聞)

 ロイター通信によると、イラク中部ファルージャを包囲している駐留米軍は5日、45歳以下の男性が出入りするのを禁じ、女性や子供には退去を命じた。米軍のシャップ大佐は「(制圧作戦の)最終準備に入った。あとはアラウィ首相の命令を待つばかりだ」と述べた。
 第二に、米軍がファルージャに唯一あった総合病院を攻撃して、閉鎖させたことである。

病院のドア破り中へ ファルージャ突入の米・イラク軍(朝日新聞)
灯火消え、降る爆弾 子供に負傷・犠牲も ファルージャ総攻撃(朝日新聞)

 ロイター通信によると、住民は「米軍の空爆が診療所を破壊した」と訴えた。8日夜に米軍が総合病院を制圧した後、患者の受け入れ先となっていた施設だった。市内中心部にある平屋建ての診療所では、数人の職員と患者が亡くなった。
 総合病院の医師で、米軍の制圧時に逃れたサミ・アルジュマイリさんは、ロイターに対し、負傷者を救援に行った民家で「13歳の子供が、私の手の中で息を引き取ったばかりだ」と語った。さらに「市内ではいくつかの診療所が開いているだけで、医療品が足りない」と訴えた。8日の戦闘では、少なくとも15人が死亡したという。
 AFP通信によると、市内で機能している診療所は2カ所。そのうちの一つで働く医師ハシェム・イサウィさんは「救急車は没収され、機材も足りない」。
 診療所の医師モハメド・アメルさんはAPに、負傷者には5歳の少女や10歳の少年が含まれていたと話した。

 これらは明らかに、戦時国際法のジュネーブ条約に違反している。米国が病院を閉鎖させた意味は大きい。米国はイラク戦争を始めることで既に国際法を放棄していたが、遂に人権や人道といったものまで放棄してしまったらしい。
 ジュネーブ条約は1864年に「戦場における軍隊中の負傷軍人の状態改善に関するジュネーブ条約」(第一回赤十字条約)が採択されてから、その後何度も改正されている。1949年、新たに4つの条約が採択された。「戦地にある軍隊の傷者及び病者の状態の改善に関する条約」(第一条約)、「海上にある軍隊の傷者、病者及び難船者の状態の改善に関する条約」(第二条約)、「捕虜の待遇に関する条約」(第三条約)「戦時における文民の保護に関する条約」(第四条約)である。4条約をまとめてジュネーブ諸条約ないし戦争犠牲者保護条約と呼ばれている。1977年、ジュネーブ諸条約に対する二つの追加議定書が採択された。

病院制圧とジュネーヴ条約: Raed Jarrarさん(Falluja, April 2004 - the book)
国際人道法のあゆみ(日本赤十字社)

 ファルージャ総攻撃の狙いをザルカウィ率いる武装勢力の制圧によるイラクの安定と考えると、論理的に不自然なところがあるが、単に新型兵器の実験場にするためだとすると、とても納得できてしまう。

アミテージ国務副長官が6日にバグダッドに入ったなら、今日明日にも米軍のファルージャ攻撃が始まることになる。すでに市内の武器庫や弾薬庫などといった、人の出入りが多い建物を疑って米軍は爆撃した。これは上空の無人偵察機が送る赤外線情報で、地上で人の動きや出入りを見張っているからだ。もしその場所が避難所や病院であっても、人の出入りが多いということで、米軍が精密爆撃する目標になる。要するに、人の出入りが多いことが”軍事上の要衝”と判断するからだ。ファルージャ周辺では24時間「ブー」という低音が響き渡っているはずだ。これは無人偵察機が飛行する音である。低空、中空、高空と、幾重にも重なって、かなりの数の無人偵察機がファルージャ上空で常時地上の動きを探っている。

 これは米軍の戦闘実験(兵器システムの実験)なのである。市街戦でいかに米軍のハイテク兵器(RMA)が効果を上げるか実験される。米軍が新開発したRMA兵器システムを、ファルージャの市街地とそこに立てこもる五千人の武装勢力に試すのである。
J-RCOM 最新情報 神浦 元彰氏

 ファルージャ総攻撃は日本と無縁の出来事ではない。小泉首相率いる自民・公明連立政権は米軍のファルージャ総攻撃を支持し、そのことをイラク国民は知っている。米国という圧倒的なパワーの前に絶望しそうになるが、関心を持ち続け、怒りの声をあげていくことが市民の義務ではないかとさえ思う。私は自分と同世代の若者に対して、練炭で自殺するくらいなら、国会に石でも投げろと言いたい。もちろん、石を投げるのはよくないが、悪に対する怒りを忘れている人が多すぎる。

参考
とうとう始まってしまったファルージャ総攻撃・・・罵倒の言葉さえ見つからない(What's New & Occasional Diary)
ファルージャ~ある原理主義的妄想~(うたたねの記)
[転載][アラブの声MLより]ファッルージャを完全破壊し住民を離散させる米国の計画 サウジ紙が暴露(M. H. Square.)
【緊急署名】攻撃激化に反対の意思表示を(転載歓迎)(私的スクラップ帳)
ファルージャ、サマワ、東京(★J憲法&少年A★)
きみはもう「Last Mujahedin」を観たかい? ・・・20X0年のハリウッド超大作映画(blog::TIAO)

11/15追記
 常岡氏は、世界中でマスコミが取り上げない悲惨なことが起きていることをいわれているだけで、特に死者数の大小は論じてはいないと思います。世界中でマスコミが取り上げない悲惨なことが起きていることについて、私は重要な指摘だと思って、とても共感し、引用しました。
 死者数の大小については、私が以前から考えていたことを書いただけなのですが、常岡氏の指摘を引用した後で死者数の大小の話題に移してしまったために、あたかも常岡氏や「愛のまぜご飯」さんを批判しているように誤解される文章になってしまいました。
 私が誤解される文章を書いたために、常岡氏と「愛のまぜご飯」さんが誤解されてしまったとしたら、申し訳なく思い、反省しております。 

« 天皇発言で考える象徴天皇制と国民国家 | Main | 米国がファルージャの病院を閉鎖させる(追記) »

Comments

いつも興味深く読ませて頂いております。
今回の記事もうんうんうなずきながら読ませて頂きました。
TBどうもありがとうございます。

『死者数で比べることがいかに馬鹿げていることか。』

全くその通りだと思います。
私がご紹介したかった常岡浩介氏さんも
そのように思っていらっしゃると勝手に思っています。
思っていらしてあえて日記にあのように書いていらっしゃる
のではないかと考えておりますが、私の取り上げ方が
悪かったせいで、常岡さんの印象が悪くなってしまうとしたら
非常に申し訳なかったと反省しております。

今後ともご指導ご鞭撻の程どうぞよろしくお願いします。

 heteheeteさん、こんばんは。
 今回の記事はアップしてから、常岡さんやheteheeteさんを批判しているように誤解されるおそれがあることに気づきました。そのことが気になって、「愛のまぜご飯」の方にコメントをしたのですが、誤解を解くどころか、誤解されたままで、完全に説明不足でした。
 常岡さんは、世界中でマスコミが取り上げない悲惨なことが起きていることをいわれているだけで、特に死者数の大小は論じてはいないと思います。世界中でマスコミが取り上げない悲惨なことが起きていることについて、私は重要な指摘だと思って、とても共感し、引用しました。
 死者数の大小については、私が以前から考えていたことを書いただけなのですが、常岡さんの指摘を引用した後でこの話題に移してしまったために、あたかも常岡さんやheteheeteさんを批判しているように誤解される文章になってしまいました。

私の取り上げ方が
悪かったせいで、常岡さんが勘違いされてしまうような
ことになってしまうとしましたら
申し訳なかったと反省しております。

 これは私が言うべきことです。無神経な文章を書いてしまい、常岡さんとheteheeteさんには申し訳なく思っています。記事には追記で反省文を加えます。
 今後とも、よろしくお願いします。

たびたび失礼いたします。
『あえて、その指摘に反論するような形で文章を進めたのは』
とちゃんとあらかじめObserverさんにコメントを
頂いておりましたのに、私がおかしなコメントを
してしまったことで、お気遣いをさせてしまい
申し訳ありませんでした。(ごめんなさい!)

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 米国がファルージャの病院を閉鎖させる:

» [転載][アラブの声MLより]ファッルージャを完全破壊し住民を離散させる米国の計画 サウジ紙が暴露 [M. H. Square.]
 購読している「アラブの声」MLより。米軍がファルージャを跡形もなく破壊しようと... [Read More]

» 【緊急署名】攻撃激化に反対の意思表示を(転載歓迎) [私的スクラップ帳]
(以下、転送・転載歓迎) 報道によると、10月29日付のランセット誌に、侵略が行われなかった場合に予想される死者数よりも100,000も多くのイラク人が死亡した... [Read More]

« 天皇発言で考える象徴天皇制と国民国家 | Main | 米国がファルージャの病院を閉鎖させる(追記) »