July 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 『金で買えるアメリカ民主主義』を読む(3) | Main | 人々に歓迎された日本国憲法 »

September 23, 2004

「ボウリング・フォー・コロンバイン」と日本における中国人

 先日、テレビでやっていたムーア監督の「ボウリング・フォー・コロンバイン」を見た。コロンバイン高校の乱射事件からアメリカの銃社会を考える映画だが、ムーア監督の突撃取材や、サウスパークのアニメを使ったエンターテイメント的要素が効果的で、何よりもマスコミが国民の不安をあおる構造を指摘していたことに考えさせられた。
 アメリカでは、黒人男性の犯罪をマスコミが取り上げる回数が多い。犯罪は実際には減少しているのに、マスコミが取り上げる回数が増えているので、あたかも黒人男性による犯罪が増えているように錯覚させ、不安をあおっている。
 これを見て思ったのは、アメリカを日本、黒人男性を中国人に変えれば、現在の日本そのものではないかということ。最近、テレビのニュースで中国人による犯罪が取り上げられない日はないといってもいいくらいだ。中国人による凶悪事件が起きたからといって、中国人を排除するのではなく、その原因を調べて、何か構造的な問題がないかどうか調べる姿勢がマスコミには必要であるのに、外国人排斥につながりかねないような報道ばかりしていないだろうか。日本にいる中国人のほとんどが善良な人であることはいうまでもない。日本では近年、犯罪が増えていると言われているが、本当にそうだろうか。少なくとも、少年犯罪が増えているというのは間違いであることは、一部では周知の事実だ。
 アメリカでのテロの恐怖は、日本では北朝鮮の脅威に置き換えられるだろう。北朝鮮のテポドンは確かに脅威だが、冷戦時代のソ連の核兵器に比べれば、子供だましのように思えてしまう。
 映画では、カナダが出てくる。カナダでは、夜でも家の鍵をかけないというのは信じられなかったが、社会保障システムがはたらいていて、スラムが見られないというのは、先進国として普通の姿だ。アメリカは先進国の中でも特異な存在であるということを認識している日本人が少なすぎると思う。銃社会はその一面にすぎず、貧富の格差が大きいということが一番大きな点であろう。このような社会にする、新自由主義による規制緩和を阻止しなければならないが、このようなことを主張すると共産主義扱いされかねないところまで、今の日本はアメリカ化してしまったといえる。
 アメリカでは保守的で好戦的なFOXニュースの影響力が増していることも大きい。先日、リベラルなCBSで不祥事があった。大統領選を前に、ますますFOXの影響力が大きくなるのかと思うと憂慮すべき事態だ。

参考
ボウリング・フォー・コロンバイン
少年法改正へ法務省方針(★J憲法&少年A★)
喪家の狗 ― 実録!在日中国人残虐犯罪(blog::TIAO)
CBS、疑惑資料の提供者とケリー陣営を接触させた疑い(ロイター通信)

« 『金で買えるアメリカ民主主義』を読む(3) | Main | 人々に歓迎された日本国憲法 »

Comments

シナ人はシナにいればいいんだよ。日本に来て殺人、強姦、強盗やりまくりだ。またありもしない日本の過去を持ち出してシナ人の悪行を免責するんだろ。そんなにシナ人を擁護するなら身元保証人にでもなってやっているのかね?そうならば
お前の主張にも耳を傾けてやるよ。この前大分かどこかで保証人夫婦がシナ人学生に惨殺されているしな。サヨクにすれば凶悪犯罪が増えて社会不安になったほうがいいんだろ?シナ政府も凶悪犯を故意に日本に渡航させているみたいだが。

 まず最初に、ブログは2ちゃんねるのような掲示板とは違い、管理人個人の意見を表明する場です。よって、無礼なコメントが続くようであれば、一方的に削除します。
 凶悪犯さんは誤解しているようですが、私は中国人犯罪者を免責する気も擁護する気もまったくありません。犯罪者は日本人であれ中国人であれ、処罰されて当然です。
 あと、「シナ政府も凶悪犯を故意に日本に渡航させている」のなら、具体例を示してください。

「シナ政府も凶悪犯を故意に渡航させているみたいだ」のソースについては、3~4年前の週刊文春に掲載されていた。正確な発行日は失念したが、当時渡航シナ人が日本で凶悪犯罪のやりたい放題で大きな社会不安を引き起こしていたので記憶している。私も戦慄を覚えながら読んだ。凶悪犯がシナの刑務所から多少の賄賂で出獄でき(そんなに簡単に凶悪犯が出られるということで国家の関与が疑われたのだろう)、そのほとんどがその後日本に向かうという内容の記事であった。文芸春秋社に連絡すればバックナンバーを入手できるかもしれない。
ところで、日本にいるシナ人がほとんど善良であると断定しているが、根拠は?個人的には絶対にどんな関係ももちたくないね。ニコニコしながら平気で背中を刺すような民族だから。それから誤解しないでもらいたいのは
シナ人が危険だと言っているのであって(警察の統計でもシナ人の場合、在日外国人の凶悪事件の過半数を占める)、他の外人(半島人を除けば)はシナ人ほど凶暴ではないということ。

北朝鮮関係だが、テポドンは脅威。なにしろ日本はミサイルの一つもないのだから。サヨクが戦後、日本は武装するな、自衛隊はケシカランだとか、平和を唱えればだれも襲ってこないなどど寝言を言ったきた結末じゃないのかね。

CBSの偏向報道にはアメリカ人も怒っているみたいだね。アメリカも日本もサヨクは捏造、でっち上げ、隠蔽が習癖になっているから別に驚きの対象にはならないけど。保守的な FOX は好戦的?サヨクの方がはるかに好戦的だよ。スターリン、毛沢東、金日成、ポルポトと大量殺人鬼を産んできたのは共産主義。人類最大の不幸だよ、共産主義は。治安維持法でアカを検挙、投獄した戦前の日本人は物事の本質(=共産主義の非人間性と暴力性)をよく見抜いていた。もっとも、ソ連共産党の日米を軍事衝突コースに乗せる謀略までは見抜けなかったが。

 まず最初に、コメントをする際は必ず投稿者名を書いてください。凶悪犯さんと同一人物のようですので、凶悪犯さんのコメントとこちらで勝手に断定します。
 具体例は3~4年前の週刊文春とのこと、少しあいまいですが了解しました。賄賂で出獄するというのは、発展途上国ではありえることかもしれませんね。しかしそれだけで、中国政府が故意に渡航させているといえるかどうか。単に出入国管理がずさんなだけではないでしょうか。
 凶悪犯さんは、中国人が「ニコニコしながら平気で背中を刺すような民族」と断定していますが、このような決めつけは中国人に対して大変失礼です。本来であれば無礼なコメントとして削除するところですが、こちらが質問した具体例を書かれたので、今回は削除せずに残すことにします。  

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31910/1506341

Listed below are links to weblogs that reference 「ボウリング・フォー・コロンバイン」と日本における中国人:

» 銃と貧困 【ボーリング・フォー・コロンバイン】 マイケル・ムーア [US'02] [○0o 。ねこはしる 。o0○]
 米大統領選などでのこの人のメディアへの過剰な露出ぶりはよく目にしていたし、こういう人がこういう文脈で活躍できるのはアメリカ文化の美点の一つでもあるのだろうが、こうした形で社会問題が消費されてしまう危うさもそこにはきっとある、というような見方をしていたからこそなのだろう。昨年のマイケル・ムーアのカンヌ最高賞受賞には驚いた。 それで遅ればせながら実際に観て考えた。作品に力はある。コロンバインでの銃乱射�... [Read More]

« 『金で買えるアメリカ民主主義』を読む(3) | Main | 人々に歓迎された日本国憲法 »